妊娠中の臀部・股関節の痛み

 

妊娠中(マタニティ)は胎児の成長に伴い、腰部から臀部、または股関節へ掛かる負荷は日に日に増していきます。そうなると、今までとは異なるお身体の体勢や動きに、お身体が上手く対応できずに、腰部だけではなく、背中、骨盤、股関節、膝や足首周りまで影響がでてきます。

 

妊婦 マタニティ

 

妊娠中の臀部・股関節の痛みの原因

 

体重の増加に伴い、いままでの身体の重心感覚も変わることにより、筋力へ掛かる負荷も今まで以上のものになり、重心を支える骨盤、股関節まわりの筋肉が過剰に働くことにより、筋肉が柔軟性を失い、痛みへと変化していきます。

 

・妊娠中は、出産に備える為に、身体がリラキシンというホルモンを分泌します。このホルモンは産道を確保する為に骨盤まわりを広げる役割があり、骨盤や股関節まわりを支える筋肉や靭帯といった組織を緩める働きがあります。その結果、通常の運動や動作では痛みを感じなかった部位が、組織の不安定性により、痛みを発症しやすくなります。

 

妊娠新中の臀部・股関節の痛みの治療方法

 

12twelveでは、妊娠中の方に対して細心の注意を払い、母体、胎児への負荷を極力避けた治療を行っていきます。妊娠の段階に合わせて調節できる、妊婦さん専用のクッションも用意しています。

妊婦 photo

 

・検査を行うことにより、股関節まわりや臀部の痛みを引き起こしている原因組織を見つけ出し、それらの調整を行います。

・また、背骨を基盤と考え、それと連動する骨盤、股関節、足の関節の調整もしっかりと行っていきます。

・その他に、妊娠の段階により、自宅でもできる効果的なエクササイズの指導もさせていただきます。

 

 

当院のスタッフ全員が専門の大学課程を修了した、米国国家資格取得 / WHO公認のカイロプラクターです。是非一度ご相談下さい。

当院について →料金


「妊娠中の臀部・股関節の痛み」の症例報告