Loading...

飯田橋,整体,カイロ

飯田橋駅徒歩3分

東京都千代田区飯田橋3-1-9 中村ビル2F

03-6261-4430



	
飯田橋,整体,カイロトップへ
治療の流れ/Procedures

治療の流れ
Procedures

当院の治療事例 Case Report|飯田橋のカイロプラクティック 12twelve(トゥエルブ)

右膝の痛みで長時間歩けない

2014.02.05

カテゴリー:股関節・膝・足の痛み » 膝の痛み

タグ:

2ヶ月前から右膝の痛みが出てきました。以前にも同じ症状があり、整形外科でレントゲンを撮りましたが、異常は見つかりませんでした。 「水がたまっている」と言われて、湿布と電気治療に通いましたが、効果はありませんでした。しばらくすると自然に痛みが消えたので、放っておきました。ところが今回は激痛のため長時間歩けず、立ち止まってしまいます。座っていても痛いです。少し前からは、右膝裏の痛みも出てきました。前回、今回ともに夏に7センチほどのヒールのサンダルを履いてから、症状が出てきた気がします。(42歳 女性) <初診時の症状> ①右の膝蓋骨(ひざのお皿)の下が膨張してプヨプヨしている。 ②ひざの曲げ伸ばしで痛みが出る。 ③階段の下りがきつい。 ④寝ていても、膝の痛みで起きてしまう。 ⑤太もも、ふくらはぎの筋肉がパンパンに張っている。 <施術後の経過> 太もも、ふくらはぎの筋肉が大分緊張していたので、まず筋肉の緩和操作から始めていきました。物理療法も併用し、2回目の施術後には右膝の痛みはなくなりました。その後、膝に対しては2回施術を行いましたが、痛みの再発もなく改善しました。現在は膝の症状の再発防止のため関係する腰、骨盤、股関節、足首のメンテナンスを行うために、2ヶ月に1回ぐらいで施術をしています。 <担当カイロプラクターのコメント> 膝のお皿の下方に水がたまっているような感じがあったので物理療法(超音波治療器)を取り入れ、内側からもアプローチしていきました。また、お皿の動きをよくするように膝を動かすことで、たまっている物を「流す」ようにしていきました。膝のお皿は、太もも前面の筋肉(大腿四頭筋)によって動きが制限されることが多いです。今回の患者さんも高いヒールの靴を履くことで、この筋肉が異常に緊張し、お皿の動きを阻害し、膝の関節を痛め、結果、膝の痛みを起こしてしまったようです。なるべくヒールのある靴を避け、足の筋肉のストレッチなど、出来るところから変えていく必要があります。膝の痛みでお困りでしたら、一度ご相談下さい。   膝の痛み カイロプラクティック 飯田橋