Loading...

飯田橋,整体,カイロ

飯田橋駅徒歩3分

東京都千代田区飯田橋3-1-9 中村ビル2F

03-6261-4430



	
飯田橋,整体,カイロトップへ
写真で見てみる/Office Tour

写真で見てみる
Office Tour

山田 敏貴|院長 WHO/米国公認カイロプラクター English Available

院長 WHO/米国公認カイロプラクター English Available

山田 敏貴

・富山県南砺市(城端町)出身
・高校卒業後、単身豪州に留学(シドニー)

RMIT大学日本校(現東京カレッジオブカイロプラクティック)入学

・在学中、新御茶ノ水外来センター、ハプティカイロプラクティック、都内某整骨院にてアシスタント。

・同校を首席で卒業し、有限会社オルタナティブライフに入社
・A.Life神谷町に勤務した後、新御茶ノ水外来センターに勤務

・第17回日本腰痛学会にて「慢性腰痛に対するカイロプラクティックの有効性」を研究発表
・2014年7月独立開業。現在に至る。

資格

・B.App.Sc(応用理学士)-Bachelor of Appllied Science(Clinical Science)
・B.C.Sc(カイロプラクティック理学士)-Bachelor of Chiropractic Science
・米国カイロプラクティック国家試験合格(NBCE part1〜4)
・米国カイロプラクティック理学療法国家試験合格(Physiotherapy)
・WHO承認・世界カイロ連合(WFC)日本代表団体・日本カイロプラクターズ協会(JAC)正会員
・世界スポーツカイロプラクティック連盟(FICS)会員
・日本スポーツカイロプラクティック連盟(J-FOCS)会員

自己紹介

幼少の頃からサッカー・水泳・スキーに打ち込んできましたが、怪我の多い選手だったのでいろいろな医療機関にお世話になりました。そんな中、自分が抱えていた問題から唯一救ってくれたのがカイロプラクティックでした。そして、サッカー選手への道を諦めた時、人の役に立ちたいという想いから治療家になることを決心しカイロプラクティックを選びました。臨床現場では、患者さんひとりひとりの声に耳を傾け、ご要望にお応えできるよう精一杯ケアに当たらせていただきます。我々が実際に手を触れてケアさせていただく時間は正味30分前後ですが、その他の生活時間も快適に効率的に過ごしていただくためには、患者さんご自身のケアも必要です。カイロプラクターが何をどこまでできて、患者さんが自分で何をする必要があり、その先に何が期待できるかについての説明やアドバイスもさせていただきます。これまで1万5千人以上の患者さんの治療を通して得た臨床技術・知識を生かし、みなさまの健康にお役立ちできるよう全力で対応させていただきます。

平原 哲夫|WHO公認カイロプラクター

WHO公認カイロプラクター

平原 哲夫

・東京都青梅市出身
RMIT大学日本校(現東京カレッジオブカイロプラクティック)入学
・同校を卒業後、株式会社メディヴァに入社
・カイロプラクティック・スパイナルケア用賀に勤務
・2014年より12 twelveに入社。現在に至る

資格

・B.App.Sc(応用理学士)-Bachelor of Appllied Science(Clinical Science)
・B.C.Sc(カイロプラクティック理学士)-Bachelor of Chiropractic Science
・WHO承認・世界カイロ連合(WFC)日本代表団体・日本カイロプラクターズ協会(JAC)正会員
・日本カイロプラクティック登録機構(JCR)認定Aカイロプラクター
・栄養医学研究所 Clinical Nutrition School 修了

自己紹介

私は高校生の頃から腰痛に悩まされていました。大学生、社会人と進むうちに徐々に腰痛が悪化、ある時「ビシッ」という音とともに腰に鋭い痛みが走りました。痛みの強さと、恐怖でしばらくその場から動くことができませんでした。「二度とこんな痛みは味わいたくない」そんな願いを叶えてくれたのがカイロプラクティックでした。知人の紹介でカイロプラクティックを受けるようになってから、あのひどい腰痛は出ていません。
あの時の自分と同じように身体の不調で苦しんでいる方々へ、カイロプラクターとして少しでも貢献できることに今は幸せを感じています。皆様がより健康的な生活を送ることができますようカイロプラクターとして全力でサポートいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

WHO公認カイロプラクター

武井 優太

・群馬県高崎市出身
・東京カレッジオブカイロプラクティック(旧RMIT大学日本校)入学
・同校卒業後、2018年より12 twelveに入社。現在に至る。

資格

・D.C(Doctor of Chiropractic )-CCEA認可4年制D.C Program卒業
・WHO承認・世界カイロ連合(WFC)日本代表団体・日本カイロプラクターズ協会(JAC)正会員
・日本カイロプラクティック登録機構(JCR)認定カイロプラクター

自己紹介

私の祖父と父もカイロプラクターで、学生の頃から時々頭痛などを治療してもらっていました。そんな中、大学受験の時、将来の道が定まらず、結局浪人することになりました。浪人中、時々、父の治療を見学していたのですが、父がとても楽しそうに患者様と接し、治療後、患者様が笑顔で満足して帰っていく姿を見て、自分も人の助けとなって色んな人に信頼されるようになりたいと思い、カイロプラクティックの道に進むことを選びました。

これからカイロプラクターとして患者様からたくさんのことを学ばせて頂きながら、患者様の健康に向けたサポーターとして精一杯お手伝いさせていただきたいと思います。

どうぞ、宜しくお願いします。

飯田橋のカイロプラクティック 12twelve(トゥエルブ)の治療理念

治療理念

「健康づくりを通して、喜びと笑顔をもたらす」

「体と心の声に全身を研ぎ澄ます」
身体の痛み・凝り・痺れなどの問題には何らかの原因があることがほとんどです。
不良姿勢や反復動作など日常生活やスポーツにおいての力学的な負担、精神的な緊張からくる身体のこわばりなど理由は様々です。できる限り原因を見極めて対処することで症状や身体の辛さを改善していきます。

「痛み・凝りの辛い症状の軽減 ⇒ 動かしやすい身体」
まずは症状のない身体をつくり、次のステップとして、生活改善、セルフケア・トレーニングなど様々な選択肢・可能性を提案しながら、動かしやすい身体を目指します。治療効果の持続、症状の完治に近づくためにも、自分で身体を動かすことは非常に重要です。また、運動をすることで心もリフレッシュして好循環が期待できます。

「健やかな身体と心のゆとりをつくる」
身体と心は表裏一体であり、身体に痛みがあるとその辛さから心のゆとりまでなくなってしまいます。心のゆとりがなくなってしまうと、周囲への気配りができなくなってしまい、生活の中で悪循環が生じてしまうことさえあります。また、疲労やストレスで心が元気でないと、姿勢が崩れ、身体が疲労し、その先は体の痛みに発展してしまうこともあります。体の痛みや凝りを和らげることは、心のゆとりづくりにも繋がると考えています。

*医療連携*
当院では、症状によって画像検査が必要と判断した場合は、ケイアイ飯田橋クリニック(アイガーデンタワー内)さんにMRIとレントゲン撮影を依頼(依頼状あり)しております。

出勤表 Schedule|飯田橋のカイロプラクティック 12twelve(トゥエルブ)