剣道のパフォーマンス向上

20代、男性、大学生

中学生から剣道をしており、高校1年生ごろから「下腹部に力が入りづらい」と感じ始めた。その時は、筋トレをして維持してきたが、2年生になって踏み出しがワンテンポ遅れるようになったそうです。ジムでトレーナーさんからコアトレーニングを指導されたが、「下腹部に力が入りづらい」などの感じはあまり変わりませんでした。さらに練習を重ねるごとに下手になっていると感じ、剣道仲間からも「練習しない方が強いね」と言われたこともありました。このままではいけないなと思い、知人から聞いたカイロプラクティックを受けてみようと思い、当院に来院されました。

 

<来院時の悩み>

・下腹部に力が入りずらい。

・踏み出しがワンテンポ遅れる。

・トレーニングしても変わらない。

 

<施術後の経過>

初診のため問診を行い、神経学的・理学的・整形外科的な徒手検査で確認したが異常は見られなかった。今回はパフォーマンス改善を希望されていたので、筋骨格系の機能低下の有無を確認しました。

 

◎ 一般医学的検査

整形外科的検査では、足の長さに左右差があるなどの構造的(先天的)な異常はみられなかった。

 

◎ カイロプラクティック的な検査

姿勢の側面分析は、脊柱の生理的弯曲の乱れ。猫背姿勢。

後面分析は各部位(耳・肩・肩甲骨・骨盤・大転子)に左右差がありました。

 

可動域検査は、体幹の屈曲・伸展制限がみられました。

股関節の左右差で制限も強く、特に背骨・骨盤・股関節の可動性と連動性が低下していました。 脊柱・骨盤・股関節周辺の筋群に短縮などのアンバランスな状態が確認された。

 

立位で施術者が押して抵抗できるか確認する検査では、左下肢の不安定の兆候がみられました。

 

左片足立ちで、開眼・閉眼時にふらつきを確認。※ 病院では、神経系などの病的異常はないとのことでした。

 

下肢の不安定が顕著なため、足部・膝も評価を行いました。 過剰回内足(オーバープロネーション)、足関節の背屈制限などが確認されました。回内足は、見た目状の偏平足はなく機能的な偏平足が見受けられるました。

 

肩・肘・手首も評価をしたところ機能の得意動きと不得意な動きの癖がついていました。

 

◎ 評価

脊柱・骨盤・股関節の機能低下から、それに伴う筋のアンバランな状態が慢性化し短縮していると考えられました。また、過剰回内足などの足部の機能低下も確認されました。

これらの機能低下から、体の位置などを測る固有感覚が乱れていることが疑われました。

 

◎ 治療

まず脊柱や骨盤の機能低下がみられたため、それらの調整を行いました。筋短縮などのアンバランスもあったためバランスを整えました。ただし、筋短縮は来院の治療だけでは改善が難しいため、ストレッチなどのセルフケアを指導しました。

初診後の感覚がとてもよかったそうです。

その後の継継的な治療は、体の使い方を改善するため、脳に良い使い方を上書きする意味でも、8回までは週1での治療を行いました(2ヶ月)。

以降は来院間隔を2週間に延ばし、強度を上げたセルフケアを指導しました。

15回目(6ヶ月目)以降は、月に1回のメンテナンスに移行しました。

 

<カイロプラクターからのコメント>

剣道は、体全体の「ねじね運動」になります。そのため、筋骨格系の機能に左右差が生じやすいです。「下腹部に力が入りずらい」「踏み出しがワンテンポ遅れる」「トレーニングで変わらない」など体が使いずらくなっている兆候がうかがえました。この状態で練習や筋力増強を行ってもあまり意味がありません。ケアで大切なことは、使いやすい体を作るために、神経・筋・骨格の機能を取り戻すことでした。普段の練習とは別に神経筋骨格系の機能回復のトレーニングをお願いしました。そうすることで、安定感と瞬時に動ける体を取り戻し、剣道のパフォーマンス改善につながりました。

 

12twelveカイロプラクティックは身体を整える「整体」のプロフェッショナルです。飯田橋整体でお探しの方は是非ご相談ください。

症状についてお困りの方は、
まずはお気軽にご相談ください。
身体の構造と機能を深く理解しているWHO/米国公認カイロプラクターが、あなたの症状の原因がどこにあるのかを見極め治療を行います。

症状についてお困りの方は、
まずはお気軽にご相談ください。

身体の構造と機能を深く理解しているWHO/米国公認カイロプラクターが、あなたの症状の原因がどこにあるのかを見極め治療を行います。

飯田橋の整体
カイロプラクティック 12twelve

月別アーカイブ

タグ

テニス (3)ゴルフ (9)お尻の痛み (19)デスクワーク (22)手の痺れ (10)妊婦 (10)めまい (4)パニック障害 (1)自律神経失調症 (5)野球肩 (1)ランニング (15)肩こり (32)頭痛 (25)ぎっくり腰 (15)生理痛 (1)マラソン (7)疲労性恥骨炎 (1)変形性膝関節症 (6)テニス肘 (2)スキー (1)吐き気 (1)ゴルフ肘 (3)腰痛 (58)寝違え (7)ヨガ (2)胸郭出口症候群 (5)脚の痺れ (2)肩の痛み (14)下痢 (1)顎関節症 (4)サーフィン (1)首の痛み (11)足の痺れ (8)慢性疲労 (4)トリガーポイント (10)股関節形成不全 (2)背中の痛み (10)膝の痛み (17)肩甲骨の痛み (1)腕の痛み (3)ランナーズニー (5)肘の痛み (8)股関節の痛み (16)腕のしびれ (10)くしゃみ (1)尾てい骨の痛み (1)反り腰 (3)運転 (1)目の疲れ (5)骨盤の歪み (36)介護 (1)太ももの痛み (1)捻挫 (1)坐骨神経痛 (4)サッカー (4)耳鳴り (1)外反母趾 (3)足の痛み (8)バイク (1)胸の痛み (1)つまづき (1)産後 (9)野球 (2)ボーリング (1)前十字靭帯 (1)手首の痛み (1)変形性股関節症 (2)脊椎分離症 (1)背中のこり (1)クライミング (1)ストレッチ (3)顔のゆがみ (1)側弯症 (5)太ももの痺れ (5)首がまわらない (6)ふくらはぎの痺れ (1)肩甲骨内側の痛み (5)姿勢改善 (14)骨盤矯正 (56)自転車 (3)全身のだるさ (3)エアロビクス (2)後頭神経痛 (2)脚の付け根の痛み (5)ハイヒール (2)上を向けない (4)フットサル (6)フラダンス (1)腰の重だるさ (7)筋トレ (2)足底腱膜炎 (4)ふくらはぎの張り (5)足がつる (2)鵞足炎 (1)太もものだるさ (2)むくみ (2)お尻のしびれ (3)太もものしびれ (4)首コリ (6)緊張性頭痛 (2)太ももの張り (4)背中の張り (2)鎖骨の痛み (1)前足根管症候群 (1)膝痛 (11)事故 (1)腕が挙がらない (2)テニス肩 (2)大後頭神経痛 (1)ストレートネック (9)階段昇降 (6)足首の痛み (1)歩行困難 (4)手根管症候群 (1)夜間痛 (1)扁平足 (4)インソール (3)ハイアーチ (1)股関節のつまり (3)不良姿勢 (8)四十肩・五十肩 (6)腕が上がらない (1)枕が合わない (1)膝が動かしにくい (1)小学生 (2)中学生 (2)高校生 (1)天気痛 (1)ウォーキング (3)慢性的な首肩こり (1)成長痛 (1)野球肘 (1)スポーツ障害 (10)半月板損傷 (1)腰部椎間板ヘルニア (9)頚椎椎間板ヘルニア (4)脊柱管狭窄症 (3)梨状筋症候群 (1)ふくらはぎの重だるさ (1)剣道 (1)パフォーマンス低下 (2)偏平足 (1)回内足 (1)