12 twelveについて

12 twelveの想い

私はカイロプラクティックの習得に平行して
20年以上のサッカー経験を通じ、
身体運用への理解を実践的に深めてきました。
サッカーにおいて、12とはサポーターを意味する
特別な数字です。
そこから当院を、「12 twelve」と名付けました。

星座、干支、時間。
考えてみれば、それらは12の周期で廻っています。
それは人類にとって、何か普遍的な
意味をもつサイクルなのかもしれません。
テクノロジーが爆発的に進歩している現代は、
人間にとって最も根源的な、身体への意識が
置き去りにされている時代でもあります。
私たちは身体ケアのサポートを通して、
患者様の快適で幸福な生活サイクルを
実現する存在でありたい。
「12 twelve」には、そんな思いも込められています。

12 twelve
代表 山田敏貴

12 twelveについて

「体を治す」から
「体が動く」喜びへ

私たち12 twelveは、体の痛みやコリを治すだけでなく、その先にある、体が動く喜びを実感していただけるような治療院でありたいと考えています。
いま体の不調に悩んでいる方はもちろん、体を整え、生活の質を高めたいという方もどうぞお気軽にお立ち寄りください。

スタッフ全員が米国国家資格取得/WHO公認カイロプラクター

※院長は米国のカイロプラクティック国家資格(ドクターライセンス)を取得

世界保健機構(WHO)の定めでは、4年制以上の大学教育機関で4200時間以上の教育を受けた者をカイロプラクターと認めています。
解剖学、生理学、病理学、薬理学、生体力学などの基礎医学に加え、カイロプラクティックの考え・技術を学び、付属施設での臨床実習を経て修了、学位取得となります。当院では、基礎から応用までの医学知識に、臨床知識と経験を兼ね備えたカイロプラクターが自信を持って対応します。

安心の医療連携

近隣の提携クリニックにて、MRI/X線撮影が可能です。
症状によっては画像診断の後、治療を進めていきます。

画像診断のデータをお持ちの方はご持参下さい。

スタッフ紹介

写真をクリックするとスタッフ紹介が見られます。
院長山田 敏貴
WHO/米国公認
カイロプラクター
English Available
平原 哲夫
WHO公認カイロプラクター
武井 優太
WHO公認カイロプラクター
山田 敏貴
WHO/米国公認カイロプラクター

・富山県南砺市(城端町)出身
・高校卒業後、単身豪州に留学(シドニー)
・RMIT大学日本校(現東京カレッジオブカイロプラクティック)入学
・在学中、新御茶ノ水外来センター、ハプティカイロプラクティック、都内某整骨院にてアシスタント。
・同校を首席で卒業し、有限会社オルタナティブライフに入社
・A.Life神谷町に勤務した後、新御茶ノ水外来センターに勤務
・第17回日本腰痛学会にて「慢性腰痛に対するカイロプラクティックの有効性」を研究発表
・2014年7月独立開業。現在に至る。

資格
・B.App.Sc(応用理学士)-Bachelor of Appllied Science(Clinical Science)
・B.C.Sc(カイロプラクティック理学士)-Bachelor of Chiropractic Science
・米国カイロプラクティック国家試験合格(NBCE part1〜4)
・米国カイロプラクティック理学療法国家試験合格(Physiotherapy)
・ICCSP合格 (国際スポーツカイロプラクティック連盟認定カイロプララクター)
・日本カイロプラクターズ協会(JAC)正会員(WHO承認・世界カイロ連合(WFC)日本代表団体)
・国際スポーツカイロプラクティック連盟(FICS)会員
・日本スポーツカイロプラクティック連盟(J-FOCS)会員

自己紹介
幼少の頃からサッカー・水泳・スキーに打ち込んできましたが、怪我の多い選手だったのでいろいろな医療機関にお世話になりました。そんな中、自分が抱えていた問題から唯一救ってくれたのがカイロプラクティックでした。そして、サッカー選手への道を諦めた時、人の役に立ちたいという想いから治療家になることを決心しカイロプラクティックを選びました。臨床現場では、患者さんひとりひとりの声に耳を傾け、ご要望にお応えできるよう精一杯ケアに当たらせていただきます。我々が実際に手を触れてケアさせていただく時間は正味30分前後ですが、その他の生活時間も快適に効率的に過ごしていただくためには、患者さんご自身のケアも必要です。カイロプラクターが何をどこまでできて、患者さんが自分で何をする必要があり、その先に何が期待できるかについての説明やアドバイスもさせていただきます。これまで2万人以上の患者さんの治療を通して得た臨床技術・知識を生かし、みなさまの健康にお役立ちできるよう全力で対応させていただきます。

平原 哲夫
WHO公認カイロプラクター

・東京都青梅市出身
・RMIT大学日本校(現東京カレッジオブカイロプラクティック)入学
・同校を卒業後、株式会社メディヴァに入社
・カイロプラクティック・スパイナルケア用賀に勤務
・2014年より12 twelveに入社。現在に至る

資格
・B.App.Sc(応用理学士)-Bachelor of Appllied Science(Clinical Science)
・B.C.Sc(カイロプラクティック理学士)-Bachelor of Chiropractic Science
・日本カイロプラクターズ協会(JAC)正会員(WHO承認・世界カイロ連合(WFC)日本代表団体)
・日本カイロプラクティック登録機構(JCR)認定カイロプラクター
・栄養医学研究所 Clinical Nutrition School 修了

自己紹介
私は高校生の頃から腰痛に悩まされていました。大学生、社会人と進むうちに徐々に腰痛が悪化、ある時「ビシッ」という音とともに腰に鋭い痛みが走りました。痛みの強さと、恐怖でしばらくその場から動くことができませんでした。「二度とこんな痛みは味わいたくない」そんな願いを叶えてくれたのがカイロプラクティックでした。知人の紹介でカイロプラクティックを受けるようになってから、あのひどい腰痛は出ていません。
あの時の自分と同じように身体の不調で苦しんでいる方々へ、カイロプラクターとして少しでも貢献できることに今は幸せを感じています。皆様がより健康的な生活を送ることができますようカイロプラクターとして全力でサポートいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

武井 優太
WHO公認カイロプラクター

・群馬県高崎市出身
・東京カレッジオブカイロプラクティック(旧RMIT大学日本校)入学
・同校卒業後、2018年より12 twelveに入社。現在に至る。

資格
・D.C(Doctor of Chiropractic )-CCEA認可4年制D.C Program卒業
・IBCE (International Board of Chiropractic Examiners) 合格
・日本カイロプラクティック登録機構(JCR)認定カイロプラクター
・日本カイロプラクターズ協会(JAC)正会員(WHO承認・世界カイロ連合(WFC)日本代表団体)

自己紹介
私の祖父と父もカイロプラクターで、学生の頃から時々頭痛などを治療してもらっていました。そんな中、大学受験の時、将来の道が定まらず、結局浪人することになりました。浪人中、時々、父の治療を見学していたのですが、父がとても楽しそうに患者様と接し、治療後、患者様が笑顔で満足して帰っていく姿を見て、自分も人の助けとなって色んな人に信頼されるようになりたいと思い、カイロプラクティックの道に進むことを選びました。
これからカイロプラクターとして患者様からたくさんのことを学ばせて頂きながら、患者様の健康に向けたサポーターとして精一杯お手伝いさせていただきたいと思います。
どうぞ、宜しくお願いします。

出勤表